毎朝8ヶ月間、私はビルマのラングーンに住んでいました。それは、厳しい軍事独裁政権の鉄の握手で、何十年もの間世界中から切り離されていた国です。キャンベル夫人が、私の頬、鼻、額には淡い黄色のペーストがあります。

それは1979年、英国の父親のキャンベル生まれ、英国のラージの末尾のビルマ人の母親です。私の家庭教師でした。 彼女は毎日ラングー​​ン(現在はヤンゴンと呼ばれています)を旅行しました。少数のタナカが、ビルマで成長し、何世紀にもわたってビルマの美しさの定番となっている樹皮からできたパウダーです。 彼女はそれを少しの水で滑らかなペーストに混ぜると、熱帯の太陽の厳しい光線から私の肌を守り、何年もの間滑らかで滑らかで透明な状態に保つと言いました。